79220n (2)


私はここ最近何故かヴァシュロン・コンスタンタンの
コンプリケーションについてダラダラ書いてしまっておりましたが、
やはり難しい時計を簡単に説明できるはずもなく、

しかしこれをそのまま続けていたら
何時抜けられるか分からなくなるような気がしまして
ここらで一旦リセットしてみたらどうかと思ったり、、

とかやっていないで、本題です。

昨年インハウスムーブメントに切り替えられたチュードルのブラックベイ。

3色のベゼルやイカ針が引き継がれ、ブレスがリベット(風)になって、
パワーリザーブが長くなって、クロノメーターになって、良かった、良かった。

等と思っていたら、文字盤に異変が発生していたのです。

そうです。
文字盤上から愛おしきバラのマークが消滅してしまったのです。

更には円弧状に刻まれた "SELF-WINDING" の表記も
直線状のクロノメーター表記に変わってしまったのです。

特に私的に気に入っていたレッドトップのブラックベゼル、
これについては私がここに繰り返すまでもなく、

レッドトップのブラックベゼル + バラ文字盤

この素晴らしい取り合わせは
2015年の秋位から半年程度しか生産されておらず、
そして今、このRef.79220Nは静かに姿を消そうとしているのです。。。
 
それは2015年のアンティコルムのチャリティーオークション、
"ONLY WATCH"での出来事でした。

名だたるメゾン達が1本のみ製作したスペシャルピースを持ち寄り、
毎年のように開催されるこのオークションに

チュードルはRef.79220をベースとして、
1950年代に登場したチュードルのサブマリーナ、
Ref.7923の文字盤とベゼルの意匠を復刻した「爆弾」を投入、
375,000スイスフラン(=4せんまんえん強)という
恐るべき落札価格を記録したのです。

tudor-black-bay-one

これと時期を同じくして登場したRef.79220N、
これはこれでまた熱心なファンの関心を集めたのは確かであり、
こんな時計がこんな短期間で生産終了とは、
これは困ったものと感じているのは私だけではないはずなのです。

しかしながら圧倒的大多数の人々にとって、
どうでも良いに違いないことをこうしてずるずると綴っているうちに、

これを機に再び絶滅の道を行く”バラサブ”、
ベゼルの色はもはやどうでも良いような気もしてきたのでありますが、
やはりブラックベゼルは一際の愛おしさを放っているのです。

しかしながら私にもはや出来る事は何も無く、
無力な自分を改めて思い知る〇〇歳の早春、
なのでありました。