311-30-42-30-01-005 (2)


大変です。

私がすっとぼけているうちに、
オメガのスピードマスターが還暦を迎えていたのです。

1957年に「次世代のリストコンピューター」として登場したスピードマスターは、
より高い信頼性を求めて改良が続けられ、
やがてその作り手すら想定していなかった(に違いない)程の
ポテンシャルを備えるに至り、
NASAの正式採用を受けてその信頼に見事に応え続けている、

そんな最高の機械式ツールウォッチであるスピードマスターは
1968年に「改良型」ムーブメント、Cal.861を得て以来、
何と現在に至るまで基本的に仕様変更なく現役だったりするのであり、

こんなに長い事(ブレス以外は)変わらずに作り続けられている時計は
もはやスピードマスター・プロフェッショナルの
スティールバックモデルのみであり、
まさにこれは時計界のシーラカンスと呼ぶにふさわしい存在と言えるのです。

「スピードマスタープロフェッショナルは、
1969年に月面に降り立ったときのままの姿でなくてはならない」
と、いつかどこかでオメガの社長が語っていたのを
読んだ事が有るような気がするのですが、

フレデリック・ピゲのムーブメントをベースにしたり、
コーアクシャルを搭載したりしたことに始まり、

今や現代的クロノグラフの代表選手となったCal.9300系や
金属のコアを持たないセラミックケース、
そしてこれまでの耐磁時計を過去のものとするに十分な
圧倒的な耐磁性能の普及に至るまで、

近年のオメガの快進撃は、
もはや他社と比較すべきレベルにはないとしか思えないのですが、

私などはこれがどうも正しくユーザーに伝わっていないような気がしてならず、
余計な事と知りながら、モドカシイ事この上無いのですが、

取り急ぎはそんな最新鋭のオメガのコレクションの中で、
プラスチック風防に手巻きの水平クラッチ式クロノグラフを搭載した
スピードマスタープロフェッショナルの時代遅れ感が一際目立ってきているのです。

と、変わらない変わらないと書き続けた割には
実はケース形状から文字盤、ベゼル、ムーブメント等の細部に渡るまで
1968年以降も沢山のマイナーチェンジを受けており、

「同じ時計」を10本も20本も30本も集めるコレクターを
生む原因になっているという事実も有るのですが、

基本的に「変わらない」スピードマスター・プロフェッショナル、
これを一貫して作り続けているオメガ、あなたは偉い。

と、ひとり頷く私でした。


SP_Moonwatch_Prof_31130423001005_vueC_1600x900